防災のための準備を整える|関東地震から学ぶ!地震に対処するために予測サイトを活用

防災のための準備を整える

防災グッズ

地震の被害を防ぐために

自身による被害を防ぐためには、普段から防災対策をするしかありません。地震がいつくるのかということは現在の科学では完全に解明することができず、予測サイトなどでいつ来る可能性があるのかということを前もって知り、備えるしか無いからです。また、全く予想もしていないタイミングで発生することもあるため、常日頃から対策を練っていたほうが確実です。

防災のために出来ること

地震がいつ発生しても大丈夫なように、ある程度の備えは必要です。例えば、自宅に防災カバンを用意し、水を用意しておくだけで安心感は全く違います。水は飲水以外にも汚れを洗い流したり食べ物を作るのにも役立つため、水があるなしではだいぶ変わってきます。よって、できるだけ水は準備しておきましょう。他にも、防寒着代わりのかっぱや雨具、照明なども必要となるケースは多いです。そして、避難場所の情報をネットで調べるのも大事です。避難経路を知っていれば、いざという時に集合場所にできるため家族と合流できるようになります。

予測サイトで予測は可能?

地震の予測に役立つのが、予測サイトです。完全に地震が来ることを予測できませんが、地震予測サイトでは様々な根拠を元に地震が来ることを予測しているため、様々なサイトを見ることでどのような状況だと地震が起きるのかということを学ぶことができます。

私はこうやってます!地震の備え

何はなくても水の準備(40代男性・会社員)

震災体験者が口をそろえていっていたのが、水についてです。水がなくて不便な思いをしたという人の声を多く聞いたので、とりあえず人数分のペットボトルのお水を準備しています。部屋の片隅においてあるのですが、なるべく使う日が来なければいいなと思っています。

避難ルートのチェックと確認は大事(50代女性・主婦)

一番気をつけたいのは家族が散り散りになること。そんな時集合場所がわからなかったらあっちこっちウロウロして帰って危険になると聞いたことがあります。ですので最寄りの避難場所を調べておき、子どもたちには前もって地震の時はここに行くようにいっています。

避難訓練はきちんとしましょう(30代男性・会社員)

震災など未経験なのですが、やはり避難訓練は大事だと思っています。例えば自分が仕事中に大火事になった場合、真っ先に慌ててビルから逃げ出そうとしてしまうかもしれませんし、それがかえって危険なこともあります。本当は役に立たないほうが良いのですが、避難訓練はしっかりと真面目に取り組むようにと子供にも伝えています。

広告募集中